チャンピックスで一番多い副作用が吐き気と言われています。こちらではチャンピックスの副作用である吐き気を抑える方法をご紹介します。

チャンピックス服用で便秘

ニコチン成分を含まない禁煙補助薬として成果を上げているのが、チャンピックスです。
ニコチンの離脱作用を和らげてくれたり、煙草を吸ってもおいしいと感じなくなったりする効果があります。

通常は禁煙外来で医師の診断を受けた上で処方される薬なので、個人の体質などによっては何らかの副作用が見られる場合もあります。
多くあげられる副作用としては、頭痛は吐き気、便秘などがありますが、どれも軽度のものです。
症状が辛い場合には医師に相談してみるのがおすすめです。

チャンピックス服用で便秘になったという方は薬の副作用もありますが、ニコチンを体内に取り入れなくなったための症状という場合も少なくありません。
ニコチンには血管を収縮する作用があります。
胃腸の血管が収縮することにより、腸が刺激されて排便を促す効果があるのです。

禁煙して体内からニコチンがなくなることにより、この腸を刺激する作用がなくなってしまい、排便し辛くなるのです。
そのため、禁煙してから便秘になったという方も多くいらっしゃいます。

禁煙外来にかかっていて便秘があまりにも辛いという方は、医師に相談してみましょう。
チャンピックスト一緒に便秘薬を処方してもらうことができます。