チャンピックスの吐き気予防方法

チャンピックスで一番多い副作用が吐き気と言われています。こちらではチャンピックスの副作用である吐き気を抑える方法をご紹介します。

脂質異常症の改善に、東京ではチャンピックスに注目

東京ではオリンピックの開催もあって、たばこを減らす取り組みに力が入れられています。
東京23区では路上喫煙禁止条例を施行している区も多くなっていて、喫煙者本人のたばこによる健康被害に加えて、受動喫煙による被害を減らすことを目的としています。
東京をはじめとして、多くの自治体では禁煙治療が受けられるようになっており、禁煙外来のある病院で治療を受ければ健康保険が適用されます。
たばこには代謝機能を低下させる作用があると考えられており、脂質異常症とも関連性があります。
生活習慣病として脂質異常症は注目されており、健康を保つためには肥満を解消することが大切です。
喫煙することでたばこに含まれているニコチンなどの作用によって、血管の収縮が起きます。
それによって、動脈硬化の危険性が高まりますので、脂質異常症を解消するためにも禁煙することが必要です。
禁煙治療では、高い効果を発揮している方法として禁煙補助剤の処方が行われています。
2008年から認可を受けている禁煙補助剤としてチャンピックスがあり、世界で多くの人に使用されています。
チャンピックスには脳内の受容体と結びつく効果があるために、禁煙を開始したときに起こる離脱症状を和らげることができます。
禁煙を継続できない大きな理由として、様々な離脱症状が起きることが挙げられますので、離脱症状の苦痛を和らげることができれば、禁煙治療の成功率を上げることができます。
3か月間のチャンピックスの服用による禁煙治療を行ったときには、成功率が49.1%となっており、他の方法と比較したときに高い数値が出ています。
チャンピックスは薬局で市販されていませんので、禁煙外来などの医療機関を受診して医師に処方してもらうことで入手できます。