チャンピックスで一番多い副作用が吐き気と言われています。こちらではチャンピックスの副作用である吐き気を抑える方法をご紹介します。

Archive for 1月 2016
チャンピックス服用による禁煙での体の医学的変化

タバコは周りの人を不快にさせる可能性も高いものですし、自分自身の健康も害するものです。
タバコを吸う事で人間の体は、咽頭がんは32.5倍に跳ね上がりますし肺がんも4.5倍になる他、様々ながんや心臓、脳などの病気もかかりやすくなってしまいます。
本人だけでなく、パートナーの肺がん死亡率も2倍近くになりますし、家族の気管支炎などにかかる確率も高くなります。
なので、禁煙はできるだけ早くしたほうが良いのですが、なかなか自力で禁煙するのは難しいものです。
禁煙外来で処方されているチャンピックスは自力では難しい禁煙を楽にサポートしてくれる薬です。
チャンピックスによる禁煙の成功率は3倍ほどに高まりますし、チャンピックスは禁煙によるイライラなどの離脱症状が抑制されます。
また、チャンピックスを服用していると、喫煙をしてしまっても満足感が少なくなるという医学的変化も起こります。
また、ニコチン置換療法と違ってニコチンを含まないので、循環器疾患患者にも使いやすいのが特徴です。
チャンピックスによって禁煙に成功すると、この様な医学的変化が期待できるようになります。
禁煙から20分で体には大きな変化が始まり、血圧や脈拍が正常化し、手足の体温が正常に戻ってきます。
さらに8時間もすると血液の一酸化炭素濃度が正常になり、丸1日になると心臓発作のリスクが減少します。
丸2日になると運動機能が改善し、味覚・臭覚が復活し始め、丸3日になると気管支の緊張がとれ呼吸が楽になり、肺機能が改善してきます。
たったの3日タバコを吸わないだけでもこのような医学的変化が起き、さらに禁煙を続けると様々な喫煙によってリスクが高まっていた心疾患やがんのリスクが非喫煙者に近づいていくのです。